ランディングページを計測しておこう

最近流行しているインターネットビジネスで重要になるのは、ランディングページになります。通常ランディングページは、バナー広告を載せてそこをクリックしたりリスティング広告をクリックするとあらわれるものです。また、ホームページやブログを利用している場合も、文書の途中や下の方にリンクがあり、そこをクリックすることでランディングページに飛ぶことができます。

例えば健康食品のランディングページを作る時には、どれぐらいの人数が閲覧しているかを計測する必要があるでしょう。計測をすることによっていろいろなことがわかります。例えばホームページのアクセスの数が多い割にランディングページのアクセスの数が少なければ、ホームページのリンクの仕方が悪いか文書の内容が悪いかのどちらかです。これは、多くの人がホームページを見ているにもかかわらず、ランディングページまでたどりつかないとすれば、ホームページが面白くない可能性があります。また文章を読んでいない可能性も考えられるでしょう。

一方で、ホームページとランディングページのアクセスの数はそれほど大きく変わらない場合は、ホームページの内容がそれなりに優れていることになります。リンクに導く文章が魅力的な可能性があるでしょう。それにもかかわらず、商品が購入されていなかったりメルマガを登録する人が少なければ、ランディングページの方に問題があると考えて間違いありません。その場合は、もう一度ページの内容を見直してより魅力的なものに書き換えましょう。

また商品の説明の仕方やその魅力を明確にする必要があります。基本的に文章で勝負している人が多いですが、可能な限りみやすくしようと動画を入れている人も増えてきました。動画ぐらいであれば自分でも貼り付けることができますので、動画ははやるのは納得できるところです。ですが、さらに時間がない人のためにわかりやすく説明をしようと漫画を入れている人も少なくありません。漫画を入れる場合は、自分で描く人は少なく、たいていは外注になるでしょう。

漫画にはそれぞれ料金があり、それなりに有名な漫画家であれば結構なお金がかかってしまいます。それ以外の部分も自分で作ると反応が悪いと思った場合は、健康食品のホームページと制作代行をお願いしてみるのがよいかもしれません。特に、ホームページやブログを作ってそれなりにアクセスが稼げている場合は外注をするとメリットは大きいでしょう。