ランディングページと検索キーワードとの関係

今話題のホームページとデザインを考える場合に、まず考慮すべきなのは検索キーワードです。通販専門サイトやアフィリエイトビジネスでは、訪れた閲覧者に商品を購入してもらうことが目的です。クリック型と言って、広告のクリックで報酬が発生するタイプもありますが、コンバージョンボタンを効率良くクリックしてもらうためには、検索キーワードの調査が必須です。

最近では、ppcアフィリエイトも普及していますが、やはりランディングページが充実していることが大切です。ppcアフィリエイトは、ASPに広告費を支払ってから宣伝するのが特徴です。比較的多くの収入を見込めるということで、初心者に人気ですが、ある程度はwebマーケティングの知識があった方が、収入アップに繋がります。

また商品紹介をする際、ターゲットのニーズを考えて最適化を行います。従来のホームページでは、情報量が多い方が好まれていましたが、ppc用のサイトでは、複雑なコンテンツが多いと逆効果です。特に検索キーワードとして、商品名を入力する人は、最初から購入する気持ちがあるので、専門的な説明より、キャンペーンやモニターなどの価格に関わることを知りたがります。

従って、公式サイトにスムーズに移動させる配慮が求められます。「詳細はこちら」というクリック用のボタンがよく使われますが、押しやすいデザインにすると効果的です。色としては緑を使用することが多いです。またppc用に無料でダウンロードできるテンプレートもありますが、評判の良いプロのランディングページ製作会社に依頼するのも良い方法です。

特にアフィリエイトではなく、通販ショップとして本格的に収入を得たい場合は、成功実績豊富な製作会社に頼んだ方が、売上率のアップに繋がります。さらにランディングページは完成したら、それで終わりではなく、適切なSEO対策を行うことで、閲覧者を増やすことが見込めます。

またランディングページの制作料金は、ページの長さによって違ってきます。5万円から8万円で作成してくれる業者もありますが、内部SEOの実装は別料金のことが多いです。内部SEOに強い業者によっては、SEO対策込みの金額が提示されていることもあります。その他、良心的な業者なら、納品後の修正や追加発注にも柔軟に対応してくれます。住所の変更程度なら、無料の場合もあるため、最初に信頼できる業者を選ぶことが重要です。