ランディングページで検索上位を目指すポイント

ランディングページ(LP)を「検索上位に表示させたい」という方も多いはずです。一般的に、ウェブサイトを自然検索にて上位表示させるためには、SEO対策をする方法が効果的とされています。

ランディングページで検索上位に表示させることは可能か
ウェブサイトを自然検索にて上位に表示させるには、最初に触れた通りSEO対策を行うことが有効です。SEO対策とは検索エンジンの最適化です。SEO対策には、内部対策だけでなく外部対策など様々な種類が存在します。

SEO対策のしやすさという点からみると、上位表示には難易度というものがあります。ランディングページは、基本的にはSEO対策の難易度は高い、比較的上位表示をさせにくいとされています。

ランディングページが上位表示をさせにくい理由
LPのSEO対策がなぜ難しいとされているかと言うと、その理由にはLPの性質が絡んできます。LPは通常、サービスや商品をアピールすることに特化した縦長のページです。サービスや商品をより魅力的なものとしてアピールするために、目をひくデザインや写真を沢山用いた構成になっているケースが多いです。

ランディングページでは、サービスや商品のメリットを消費者に効果的に訴求するために、デザイン性が高い文字を使ったり、写真を大胆に掲げているケースも多く見受けられます。逆に言えば、テキストの分量が少なくなりがちという訳です。多くの文章を記述することが難しいということは、SEO対策で重要とされるテキスト量の確保が難しくなります。

さらに、インデックス数も少なくなることが避けられません。仮にページ数を沢山増やし、インデックス数もアップすると今度は離脱率が高くなってしまうので、ランディングページとしては逆効果です。また、インデックス数が不足していることから、ランディングページにおいては内部リンクを作成することも難しくなります。

成果を出すにはSEO対策と広告を併用
ランディングページで上位表示をさせたい場合、SEO対策だけでなくリスティング広告の最終的なリンク先として使用することを考えましょう。その方が効果をより見込めるはずです。

h1タグやタイトルタグ、メタディスクリプションやキーワードなどの記述についてはしっかりと対策しておくべきです。こうしたものはSEO対策の内部対策の一環であり、リスティング広告で重要なポイントになる「広告の関連性」に影響します。SEO対策を最低限行いながら、広告の運用にも力を入れた方が賢明と言えます。