建築会社向けのランディングページとは

建築会社の方で、自社ページへのアクセスを増やしたいと考える場合、ランディングページを活用すべきです。ランディングページは特定の商品やサービスについてまとめた専用のページとして使われ、ホームページへの別の入り口として、そのまま問い合わせ用のページとして活用されます。ホームページ全体の検索順位を上げる手段や、広告などでの上位表示にはコストがかかる為、内容を限定したランディングページを作成し、そのページのみで広告を出すことによって広告代の節約を行うことが出来るのです。

建築会社の場合、実際に戸建てやマンションなどの委託建築や、自社で建てた物件を直販する場合が多いことでしょう。直販の場合はチラシや不動産情報サイトへの掲載などが主になりますが、委託建築を依頼するクライアントの獲得や、注文住宅のオーダーを依頼してもらうためには顧客を増やすほかありません。その為には自社ホームページへのアクセスを増やすか、ランディングページから注文住宅や委託建築の案件を受注するという方法が効率的であると言えます。

その為には、まず専用のページを作成する必要があります。自社のサービスにはどういったものがあるか、そのサービスを利用してもらう事でどういったメリットを得ることが出来るか、そのサービスの提供にはいくらの費用が必要なのか、といった情報を掲載していくのです。そういったページを上手くまとめていけば、そのページを見て魅力を感じる人が増え、受注の機会を増やしていくことも可能になってきます。その為にはどういった内容でまとめていくかを吟味する必要があります。

例えば、健康食品の販売を行いたい場合、健康食品のホームページとライティングについて考えていく必要があります。まずは特に注力したい健康食品をピックアップします。ランディングページは、1つのページで1つの商品という考え方が基本になります。その為、複数の商品に注力したい場合は複数のページを作成するという考え方が必要です。商品をピックアップしたあとは商品画像の用意、商品の説明、特徴をライティングします。

ここにはセールスコピーを掲載する方法が有用です。魅力的なセールスコピーであればあるほど効果を体感することができます。ポイントとしては、その商品を使用することによって解決できる問題を取り上げます。場面想定を行い、使用することで問題解決できること、メリットを得ることができるということを理解してもらうのです。そういったランディングページを活用すればどんな業種でも顧客を増やしていくことができるはずです。