ランディングページは広告とのつながりを考慮して

売上をアップするのためのWebマーケティング対策として、ランディングページ(LP)の作成を考えている方も多いでしょう。ただし、単に作ればよいということではなく、成果をしっかり上げられるLPにはいくつかのコツが存在します。

インターネット広告に整合しているかが重要
成果を上げるLPを作成するには、集客元となるインターネット広告との繋がりを意識することが重要です。なぜなら、ランディングページの主な役目は、インターネット上で集客した見込み顧客を惹きつけ、納得させて商品の購入や会員登録などに導くことだからです。
売れるランディングページを作りたいなら、リスティング広告の運用者などと連携を取って、整合性を図ることが大切です。整合性がないと、消費者は途中で離脱してしまう可能性があるためです。

消費者を口説き落とす要素を随所に散りばめる
集客元と整合性を図ることも重要ですが、流入した先のページで消費者をどう口説き落とせるかがポイントです。一般的には、ページの下部に行けば行くほど、消費者は徐々にその情報に対する熱が冷めて離れていってしまうのです。
だからこそ、ランディングページを読み進めるうちに、「良さそうだ」と感じて「もっと詳しい内容を知りたい」というように、消費者がその商品あるいはサービスに関心を寄せる流れを考え、構成していく必要があります。

ターゲットを定めておくことも重要
ランディングページでは、狙うべきターゲットをしっかり定めておくことが非常に重要な要素になってきます。そうしておかないと、コンバージョンにも繋がりにくくなってしまいます。
ターゲットを選定するには、どんなキーワードで消費者が検索していて、どのようなキーワードなら流入する消費者が多いのかを確認することです。自身が提供するサービスに関係したキーワードが、月にどのくらい検索されているのかをチェックしましょう。一般的に、検索数が多くなればなるほどそのキーワードはニーズが高いキーワードと言えます。同時に、現時点でリスティング広告から流入が多いキーワードは何かも確認します。

例えば、ランディングページへの流入が沢山あったキーワードを確認し、「リスティング広告 コスト」だった場合、リスティング広告をスタートするにあたって、コストを気にしている消費者を狙うべきだと考えましょう。訴求軸は、いわば自社における強みです。競合する製品との違いや、自社が持つ強みを考慮した上でターゲットを選び、訴求軸を固めることが大切です。