ランディングページのコンバージョン率を平均期待値より上げるには

ランディングページにおけるコンバージョン率はどの程度まで見込めるのかということは、どの企業でも気になるところだと思いますます。ここに一つの統計があります。ランディングページをセグメントが見たときに、コンバージョン率は、その企業のオリジナルブランドであれば、10パーセント、そうでなければ1パーセントぐらいが平均と言われています。

例えば、口紅というワードで検索した時に、そのコンバージョン率はかなり低い水準にとどまるのですか、そのブランドを狙って検索していれば当然コンバージョン率は上がるはずです。セグメントがブランドを意識しているのですから、そのクリック率は自然と上がるわけです。

ある企業ではコンバージョン率が独自ブランドについて20パーセントという高率が達成されたという報告があります。もし20パーセントが達成されているのであれば、そのランディングページの効果は十分達成されているので、売上げ向上のためには集客の増加、店舗での対応など、現実的な売上げ向上にコストを使うことが、より効率的でしょう。

逆にコンバージョン率を下げてしまう要因を考えてみます。ランディングページそのものが目的が不明確、あまりに高額商品販売がターゲットだと、セグメントのクリック率は低下してしまいます。また、ブランドワードが一般的なワードとも重なってしまう場合も平均値を下げます。複数領域にブランドワードがまたがっている場合も要注意です。したがって、何をブランドワードに選択するかということはクリック率を上げるための重要な課題です。

そして、1パーセントの一般ワードは低すぎてセグメントに訴えかけるものが何もないということでもありません。その企業のそのブランドが確かにキーワードのカテゴリーに存在するしているということは、やがてブランドワードとなる可能性もあるということなので、潜在的なセグメントだと言えます。

したがって、この一般ワードによるクリック率が2パーセントになれば、その企業の知名度が高い、セグメントが将来的な顧客になる可能性を秘めているということです。もしこの数字が3パーセントから5パーセントになれば、その企業は平均値よりも大きなアドバンテージを持っているというかとになります。

さて、さらにクリック率を上げていくワードについてですが、どのランディングページにおいても、無料、サンプル、プレゼントというワードはクリック率を上げます。コストはかかるもの、ランディングページの最大限の活躍です。