実際のランディングページを参考にするメリット

ランディングページは、webマーケティングではよく用いられています。ランディングページは、特定の商品を売る際には都合が良いサイトであるからです。閲覧に来た人をできるだけ購入や問い合わせにつなげることができるため、実際に商品を手に取ってみることができない通販サイトで物を売ろうとするならば、それを生かすメリットがあります。ランディングページには、ある程度の型があります。そのため、実際に運用されているページを参考にすれば、ある程度の形を知ることができます。これは、自分でランディングページを作る際に参考になります。もちろん、ここでそのままコピーをするのは著作権の侵害になりますので良くありません。あくまで型を参考に、オリジナルのランディングページを作っていくことになります。

化粧品のランディングページを作りたいのであれば、化粧品のホームページとキャッチコピーを見て、どういった構成になっているのか、話の運び方、繋げ方はどうなっているのかを見ていきます。話の運びは、一定の構成に分けてみることができるので、それを参考にすると良いです。たいていは、まずはきっかけを作るか、それを利用すればどういった結果を生むのかということを示します。そして、それに対して信憑性を高めるための根拠をプラスしていきます。例えば、アンケート結果や、商品の科学的データなどを示せば、それが嘘ではないと信じてもらいやすくなります。あいまいなままでは閲覧者は商品の購入につなげてはくれません。お金を出すに値するかどうかは重要ですから、しっかりと肉付けをしていく必要があります。

ノウハウは、1日そこらでは蓄積できるものではありません。試行錯誤をしていく必要があります。最初は見よう見まねで作って、実際にどれくらいの反響があるのかを分析して、少しずつ修正を加えていきます。変更したら反響がどう変わったのかを見ていけば、その変更が良かったか悪かったのかということが分かってきますから、ノウハウは蓄積されていきます。決して正解があるわけではありませんが、やはり数字でどうなったかでそれは効果があることかどうかを推測することができますから、分析をすることは絶対にしなければなりません。業者に依頼をすれば、その業者が持っているノウハウを生かしてもらうことができるため、短期間で効果を発揮するサイトを運用することは可能です。費用は掛かりますが、費用対効果はあるといえます。