すごいと思わせるランディングページのサンプルから学ぶ

多くの企業が、費用対効果を求める広告手段として、リスティング広告とランディングページを活用しています。商品のターゲット層に売りたい商品やサービスをアピールするための最も効率的な手法だからです。

パソコンやスマートフォンでネット通販を利用する消費者は、欲しい商品などの情報をネットで検索します。表示された結果の中から、自分自身の求める内容を詳細に説明するサイトを何ページも見て確認します。検索結果の最上部または横には広告枠が設けられています。これは企業が、一定期間、検索ワードにヒットする条件を設定し、支払う金額により、最も目についやすいところ、つまり、1ページ目に表示させるようにします。これをリスティング広告と言いますが、そのリスティング広告のバナーをクリックして表示されるのが、ランディングページです。

ランディングページの特徴は、商品やサービスの売上を上げるための専用ページで、消費者が商品をすぐに把握でき、注文ができるページ構成となっており、1ページで構成されることが多いです。ホームページとは異なり、商品の販売のみに特化しているという意味で、作成する場合には、消費者が見やすい、注文しやすい、デザイン性が良く、効果などが把握できる状態にしなければならないので、専門的な能力が必要になります。

例えば、健康食品ですと、一度購入をして利用しても効果が上がらないことが多いので、継続的に購入してもらう必要があります。1回目の注文の際には、サービス料金を設けることや、サンプル品を提供すること、次回以降の購入時にも何らかの特典をアピールすべきです。健康食品業者の通販をしている業者ならば、パソコンに詳しいスタッフがいると思われるので、ランディングページを自社で作成しようと思うはずですが、そうではなく、健康食品のHPの執筆代行を業者にお願いする方が良いです。

自社の商品に対しては、思い入れが強いために、客観的ではなく、主観的な内容にしてしまうこともありますし、ランディングページの構成やデザインは、プロで、実績がある人でなければ、より良い効果を上げることはできません。業者が作成したランディングページのサンプルを見て、健康食品の特徴を満たし、コンバージョン率が高くなるようにしなければなりません。

ランディングページを立派なものにしましても、見てくれる消費者がいなければ意味がないので、作成から広告対応、効果測定を全て任せられる業者を選ぶことが大切です。