見やすいランディングページのサイズ

HPの作成代行のポイントは、集客商品やメイン商品を中心に作成することにあります。例えば資料請求などは直接的な収益にはつながりませんが、とりあえず資料だけでもと考えるユーザーは多く存在するため集客商品と位置付けることが可能です。ランディングページは必要な情報のみを提供できるのが最大の強みで、通常のwebサイトのように各サービスのリンクや企業情報といったものは排除して構成されています。

検索結果やリスティング広告から誘導されたユーザーにとって、検索結果や広告の情報のみ必要であって会社情報などは邪魔な存在でしかないからです。このためランディングページはユーザーにとってとても使いやすい情報を絞りこんであるサイトであり、この点をきちんと抑えておけば売り上げをあげることができるサイトを構築することが可能です。単に商品の良さを伝えるだけの一方通行なランディングページでは意味がなく、問い合わせや資料請求そして商品購入といった行動を求めることに大きな役割があります。

ランディングページはユーザーが最初に目にするページのため、広告や集客を考える場合サイトの印象を決定する大事な役割を担っています。ページのサイズが小さすぎたり逆に大きすぎるといった場合は、滞在時間が下がってしまいせっかく来てくれたユーザーをみすみす逃してしまいます。離脱率を下げてページの滞在時間を長くするには、最適なサイズにこだわって作成する必要があります。最近ではパソコンだけでなくスマートホンを利用するユーザーが多いため、両方に対応できることが求められています。

パソコンの場合近年徐々にモニターが大きくなっている傾向があるため、主要なモニターサイズである1280×800までに収めるのがベストです。スマートホンの場合は機種によってディスプレイのサイズが違いますが、横幅の基本は320で縦幅は460が最適です。スマートホンに関する注意点は、フォントや画像の輪郭をより鮮明に描写することが可能なため、高解像度のデータを用意する必要があることです。

いずれの場合もスクロールが多ければ多いほどユーザーの読む可能性が低くなるため、ファーストビューでいかに興味を引かせることができるかが勝負の分かれ目になります。ランディングページを最適なサイズにすることを念頭に置いておけば、しっかり商品をアピールすることができ、ユーザーの心をがっちりつかむことができます。